♪〜 ここでは「NPO法人 遠野エコネット」の活動の様子をお知らせします 〜♪
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏のエコキャンプ2015レポート | main | 遠野エコキャンプ2016リポート(1日目) >>

猿ヶ石川川下りルート調査レポート

平成27年8月4日に行った遠野市附馬牛(つきもうし)町安居台(あおだい)地区から宮守(みやもり)町柏木平(かいしわぎだいら)地区までの「猿ヶ石川川下りルート調査」の様子を、写真でレポートします。

空気で膨らませるカヌー(インフレータブル・カヌー)3艇を準備。

出発地点である附馬牛(つきもうし)町の安居台(あおだい)地区。

この3名で、元気に出発です!

附馬牛町から松崎町矢崎地区へ向います。

安居台(あおだい)から小田沢(こたざわ)地区へ向う右岸は、最近護岸工事がされていました。

小田沢から矢崎(やさき)地区の頭首工上流部にある崖の様子。カワセミの営巣場所にもなっているようです。

崖の近くは、深い渕になっていて、下流に頭首工があるため、流れはありません。

矢崎頭首工に到着。

ここはカヌーでは下れないので、右岸側にカヌーを寄せて上陸して迂回することにしました。

矢崎頭首工の下には、このような工作物があり、カヌーを引っ張りながら安全な場所まで移動です。

矢崎頭首工を下流側から見たところ。これは、カヌーでは無理ですね。

矢崎頭首工から下流へ向うと、山側から沢水が流れ込んでます。

更に下って行きます。

こんな岩場が現れました。

果敢にカヌーで岩の間を下ります。

岩場を下ったところで、ちょっと休憩中。カヌーの中に入った水を抜いています。

野田渡橋上流部の様子。岸が削られているのが分かります。大雨の度に、少しずつマサドが流失して、川底に堆積していくのでしょう。

野田渡橋が見えてきました。

野田渡橋から駒木橋へ向います。

駒木橋上流の様子。

駒木橋が見えてきました。

駒木橋を下流側から見たところ。橋の下流側に石を並べた落差工がある。

駒木橋から更に下って行きます。

快晴の天候の下、カヌーは順調です。

小烏瀬川合流部近くから上流部の様子。

土淵(つちぶち)町から流れる小烏瀬川(こがらせがわ)との合流部にて休憩。

小烏瀬川合流部から下流側の様子。

小烏瀬川合流部の下流にある自転車道の橋(真立橋)を下流側から見たところ。石積みの落差工がある。

上松崎橋の上流部にある石積みの落差工は、なかなかカヌーで下るのは大変でした。

上松崎橋から落差工を下るカヌーを撮影。なかなか苦労している様子です。

落差工の下で、カヌーに入った水抜きをします。上松崎橋が見えています。

上松崎橋上流の浅瀬。カヌーを降りて引っ張ります。

松崎橋上流の様子。

松崎橋が見えてきました。この付近の川底は、砂の堆積が随分と進んでいます。

松崎橋から宮代橋(みやしろばし)へ向います。

宮代橋上流には、こんな岩がごろごろしているところも。カヌーを降りて歩きます。

宮代橋のすぐ上流部にある岩場の様子。

カヌーで岩場の間を下ります。

宮代橋を下流側から見た様子。

宮代橋下流にある石積みの落差工。

薬研渕橋(やげんぶちばし)下流にある角鼻取水堰。

角鼻取水堰では、右岸にカヌーを寄せて上陸し、迂回をすることに。カヌーを引き上げるのも大変です。

角鼻取水堰から上流の薬研渕橋を見た様子。ここは流れがありません。

角鼻取水堰を下流側から見たところ。

角鼻取水堰の下流には、中州ができています。

角鼻取水堰の下流側にある登戸橋(のぼとばし)が見えてきました。

登戸橋下流にある落差工。

登戸橋下流部の緩やかな流れ。

国道283号線にかかる興光寺橋。

興光寺橋の下流にある落差工。

興光寺橋から早瀬川との合流部間の流れ。大きな木が生い茂っている。魚影も確認。

早瀬川との落合が近づいてきました。

早瀬川との落合。大きな中州ができています。

落合から早瀬川を見た様子。右手の建物は、遠野市浄化センター(下水処理施設)です。

早瀬川との落合の下流には、JRの鉄橋が見えてきます。

鉄橋付近では、川遊びをする高校生らしき2名が。最近では、貴重な存在です。楽しそう!

鉄橋を過ぎて、愛宕橋を目指します。

愛宕橋の下流。右手の建物は、道の駅「風の丘」。

「風の丘」を過ぎたところにかかる自転車道路の橋(新里橋)下流の浅瀬。

日影橋へ向う。川幅がぐっと広くなり、川の蛇行が少なくなる。こんな景色ずっとが続く。

日影橋を下流側から。

日影橋下流にある落差工。なかなかの難所です。

落差工のアップ。川下りには、かなりの障害物です。

日影橋から札場橋へ向います。

札場橋下流もゆったりとした川の流れが続きます。

宮守町にさしかかる辺りには、牛さん2頭が水浴び?に来てました。これには、びっくり。

宮守町荒谷前地区にかかる中沢橋下流の落差工では、魚道を果敢にカヌーで下ります。

中沢橋下流のゆったりとした景観。

沢田橋の上流にある落差工。スリル満点!

沢田橋近くから上流を見る。

国道107号線にかかる沢田橋が見えて来た。

沢田橋下流右岸の石積みの様子。

沢田橋を下流側から見た様子。

沢田橋を下ると、左岸側は護岸されていた。

落合橋上流部の流れ。

小友川合流部の上流付近にある落合橋が見えて来た。

小友川との合流部。

いよいよゴールの柏木平へ向います。

すっかりと日焼けして、ゴールの宮守町柏木平地区へ到着。

約7時間のカヌーでの川下りでした。けっこう疲れましたが、とても素晴らしいコースだと思いました。遠野でも、川下りのツアーができるのではないかと、その豊かな自然に感動を新たにした川下りでした。
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tono-econet.org/trackback/18
この記事に対するトラックバック
アクセス数:
遠野エコネットHP