♪〜 ここでは「NPO法人 遠野エコネット」の活動の様子をお知らせします 〜♪
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山仕事・次への一歩講座レポート | main | 薪づくり倶楽部2017始まりました! >>

炭っこ倶楽部でピザ窯をつくりました!

毎月1回開催している炭焼き体験会の「炭っこ倶楽部」。

11月5日(土)の炭っこ倶楽部では、午前中の窯出し、火入れ終了後に、ピザ窯づくりを行いました。

ピザ窯を作ったのは、薪の駅にある炭窯の隣。

2日前から、ピザ窯の土台づくりを行い、準備をしました。

ピザ窯の土台を、薪の駅に運んである杉の間伐材で作ることにしました。先ずは、杉の樹皮を剥きます。
皮を剥いた杉の丸太を井桁に3段組むことにしました。
 

丸太を組んだら、その上に角材を固定する溝をチェーンソーで作ります。
 

丸太の上に角材を並べます。
 

間伐材を製材した板を敷いて台が完成しました。
 

炭窯づくりで残っていた粘土を練って、台の上に敷くことにしました。ピザ窯の底になります。
 

台の上に板で枠をつくり、練った粘土を入れて突いて固めます。
 

粘土を丸太などで突いた後、コテで平らに仕上げて、ピザ窯の床面が完成しました。ここまでを、炭っこ倶楽部の前にスタッフが準備しておきました。
 

ピザ窯の寸法(内径60㎝)を決めて、焚き口を耐火レンガで作り始めます。今回は、炭窯づくりの手法のミニチュア版として、窯の型として木を積んでいきます。
 

ピザ窯づくりの基本は粘土を練ることです。炭窯づくりと同じです。
 

炭窯づくりと同じ様に、木を立てていきます。今回は30㎝の材です。
 

練った粘土をブロック状に固めて、立てた木の周りに積んでいきます。
 

焚き口は耐火レンガでアーチをつくり、セメントで目地を固めます。
 

壁から天井部にかけて、ドーム状になるように粘土を積んでいきます。
 

天井部まで粘土で固めて、焚き口近くの中央部には煙突も付けました。出来た頃には、外は暗くなりましたが、みんなで最後まで頑張りました!お疲れさま!
 

翌朝に明るい所で完成したピザ窯を撮影。これから2週間ほど乾燥させ、その後、中に詰めた木を燃やして粘土を固めていきます。完成したら、次の炭っこ倶楽部では、美味しいピザ窯が食べられるかなぁ?今から楽しみでーす。
 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tono-econet.org/trackback/39
この記事に対するトラックバック
アクセス数:
遠野エコネットHP